タッキング法

眼瞼下垂治療

  • ・傷を付けたくない
  • ・目力を上げたい
  • ・ダウンタイムが取れない

眼瞼下垂とは、上まぶたが垂れ下がってしまい、目をしっかり開けられない状態をいいます。皮膚が瞼に被さり、目つきが悪く、眠そうでぼんやりとした印象に見られてしまいます。また、目の開きを改善しようと眉を上げる癖がついてしまい、額にしわが出来てしまうこともみられます。片目の場合と両目の場合があり、程度も色々あります。加齢によって起こることが多いですが、なかには動眼神経や交感神経の麻痺、筋疾患、まぶたの腫瘍などが原因で起こっている可能性もあります。

眼瞼下垂症の病因は主に
①筋力の低下・不足 ②挙筋腱膜のたるみ ③癒着による動き の障害の3つに分けられます。
①は先天性・加齢・神経疾患、②は加齢・コンタクトレンズの使用など、③は外傷性・術後合併症などが原因となります。
眼瞼下垂の病因として最も多いのが②挙筋腱膜のたるみです。

タッキング法(眼瞼下垂治療)はミュラー筋という瞼を持ち上げる筋肉を手繰り寄せて、眼瞼の開きを改善します。今より少し目力を上げたい方におすすめです。

こんなお悩みに

・目力アップしたい

・瞳がぱっちり見える目元にしたい

・眠そうな目をなんとかしたい

・二重だけど、もっと大きな目にしたい

処置の流れ

1. 鏡で確認しながらマーキングします。
2. 点眼麻酔・局所麻酔を行います。希望の方には笑気麻酔を併用します。
3. 上まぶたをひっくり返し、筋肉部分を縫合します。
4. 糸の露出がないかを確認して終了です。(抜糸は不要です)

 

施術時間   :30分
ダウンタイム :5日程度(個人差あり)
抜糸     :なし

リスク    :腫れ、内出血、左右差
メイク    :翌日より可能
コンタクト  :3日後より可能

シャワー・入浴:当日より可能

 

※注意事項

まつ毛エクステをしていても施術を受けることは可能です。しかし取れてしまう場合がありますのでご了承ください。

 

※ダウンタイムについて

施術後は腫れや浮腫みが生じることがあります。個人差がありますが、3日ほどで落ち着きます。

内出血が起こることがありますが、メイクでカバーでき、1週間ほどでよくなります。

 

※施術前のメイクについて

施術前に、目元のメイクを落としていただきます。

価格

タッキング法:110,000円(税込)