目頭切開

  • ・目を大きく見せたい
  • ・平行型二重にしたい
  • ・目と目の距離を短くしたい

目頭に上まぶたからヒダがかぶさっている部分を蒙古襞(もうこひだ)といいます。これが分厚いと白目や涙丘が隠れてしまい、目が小さく見えてしまいます。
目頭切開はこのヒダを適量取り除くことで、目の隠れた部分を表に出し目を大きく見せる方法です。目と目の幅をバランスよく整えることができますので、お顔の印象を変えることができます。蒙古襞は二重の形にも大きく関与しており、埋没法だけでは難しいラインも目頭切開との併用で作り出すことが可能となります。

適している方

・蒙古襞が張り出していて涙丘が見えない方
・どうしても末広型二重になってしまう方
・目と目が離れて見える方

 

※目を大きくする方法には、目頭切開、目尻切開、たれ目などがあります。

併用がおすすめですが、目元の状況によっては適さない施術もありますので診察の際にご相談ください。

処置の流れ

1. 鏡を見ながらデザインします。取り幅を調整いたします。
2. 点眼麻酔・局所麻酔を行います。希望の方には笑気麻酔を併用します。

3. ヒダをデザインに合わせ切除、剥離し戻りがないように糸で結紮し終了です。(1週間後に抜糸が必要です)

 

施術時間  :15分
ダウンタイム:7日
抜糸    :1週間後(来院の必要があります)

リスク   :腫れ、内出血、赤み
メイク   :目元は1週間後より可能
コンタクト :1週間後より可能
シャワー  :当日より可能(目元を避けて)

入浴    :3日後より可能

 

※注意事項

まつ毛エクステをしていても施術を受けることは可能です。しかし取れてしまう場合がありますのでご了承ください。

 

※ダウンタイムについて

施術後は腫れや浮腫みが生じることがあります。個人差がありますが、3日ほどで落ち着きます。

内出血が起こることがありますが、メイクでカバーでき、1週間ほどでよくなります。

施術部位に2〜3ヶ月ほどは赤みが残ることがありますが、徐々に白くなり目立ちくくなります。

 

※施術前のメイクについて

施術前に、目元のメイクを落としていただきます。

価格

目頭切開:176,000円(税込)